株投資が仕事の男性

株を買ったことのなかった10年前、俺はどうやって生活していたんだろう…。そう思うほどに今は株に助けられて生きている。頭を使えば簡単に株の売買のみで生活することが出来ます。私の仕事は、株投資です。

宗教法人、非課税のNISAで石原産業株に投資

株などへ投資して配当金や分配金が出ますと現在では20%の税金がかかります。以前は10%の軽減税制だった時期もあるのですが2014年から税制が変わり今では20%になっています。しかしこれと時を同じくしてNISAという非課税制度ができましたので、これを利用すると大変に得です。株の売買が非課税といいますと他には宗教法人があります。宗教法人が株式を持っていますのは宗教施設の建て替えや改築といったことの資金のためですから、宗教目的ということで非課税になっているのですが、NISAの制度を使いますとそれと同じように配当金や分配金などを非課税にできます。但しNISAには金額の限度枠がありまして年間に120万円までですから、どういう会社に投資するか作戦を練って候補を絞らなくてはなりませんが、その一つに挙げられますのが石原産業です。石原産業というのは酸化チタンの国内大手です。酸化チタンはいわゆる白色塗料で戸建住宅の壁ですとか化粧品、車のボディなどいろいろな用途に使われるものです。ですから国内でもなじみが多いですが、一方で石原産業の酸化チタンは海外にも広く事業を行なっていますから、世界全体の自動車の販売量とか経済状況などが販売数に直結します。どの国でも上向きであることが願われます。次に活躍していますのが農薬です。海外ではそもそもこの種の日本製品の信用が高いですが、特に石原産業の製品は品質も安全性も各国で高評価されています。こちらも、現在多く取引している国の農業の人気度や普及度が利益に影響しますので、投資の際にはそういう点にも目を配ります。石原産業が今後の主力と期待していますのがチタン酸バリウムです。これは誘電体としてコンデンサーなどに使うものですが、石原産業の製品はその誘導力が特に高いですのでこれからとても期待できます。こういった新事業にも注目していきたいところです。